NEEDLEWORK

活用事例

導入効果

全てのテストを事前に網羅できるから、想定外の通信影響を限りなくゼロにできます。

稼働中のファイアウォールにポリシーを追加する場合

代替機で追加ポリシーの影響範囲を確認してから 本番機に反映する

代替機で事前に全てのポリシーをテストし、影響範囲を確認する

代替機(本番機と同一機種)と、本番通信内容を網羅したNEEDLEWORKのテストシナリオを用意します。 代替機に追加予定のポリシー設定を行い、NEEDLEWORKでテストを実施します。 テスト結果が想定通りとなることで、追加したポリシーが既存通信に影響を与えないことを確認できます。 上記テスト実施後に本番機に同じ設定変更を加えることで、想定外の通信影響を限りなく0にします。

他機種のファイアウォールにリプレースする場合

A社FW(代替機)とB社FWで全く同じテストを行い影響を確認する

同じテストシナリオでA社もB社もテストし、テスト結果が同じになることを確認する。

最初に、リプレース対象であるA社FWの代替機を用意し、NEEDLEWORKでポリシーテストを行います。 次に、移行するB社のFWでも同様のテストを行います。 A社FWとB社FWのテスト結果が同じであれば、設定のコンバートが正常に行われていると判断できるため、 リプレース後に通信障害が発生するリスクを軽減することができます。

お見積り・資料請求は
こちらから

お見積り・ご相談は無料です。まずはお問合せください。

お見積り・お問合せ
無料評価機の貸出も行います