NEEDLEWORK ユーザー事例

NEC通信システム

NEC通信システム 様

マニュアルだけでレクチャー不要
2年目のエンジニアでも使いこなせる扱いやすさ

NEC通信システム

NEEDLEWORK導入前の課題

  • 手作業のテストではテスト作業の標準化ができなかった

  • ファイアウォールのポリシーをテストできて、持ち運びしやすいツールが必要だった

NEEDLEWORK導入の効果

  • 経験年数の少ないエンジニアでも短時間でテストが可能になった

  • 自動化することによりテスト作業と結果の標準化が可能になり、品質が向上した

  • NEEDLEWORKのテスト結果が確かなエビデンスとなり、資料作成の時間短縮にもつながった

  • 手作業では不可能な量のテストも対応ができた

マニュアルだけでレクチャー不要
2年目のエンジニアでも使いこなせる扱いやすさ

NEC通信システム
ネットワークソリューション事業部 プロフェッショナルサービスグループ
シニアマネージャ 仲西 様
小林 様
竹内 様
内記 様

NEC通信システムは、超高速、低遅延かつセキュアなネットワークのインフラ構築に貢献し、安全・安心なシステム、サービスを広く提供しています。その中で多種多様な業種のお客様に対するネットワークインテグレーションを担当されている仲西様・小林様・竹内様・内記様(以下、敬称略)から、NEEDLEWORK導入前に抱えていた課題と導入後の効果についてお話しを伺いました。

御社についてお聞かせください

仲西:NEC通信システムはITインフラ・通信サービスを提供している会社で、わたしたちネットワークソリューション事業部では政府系・金融系・企業系など多種多様な業種のお客様に対し、主にネットワークセキュリティーという分野で大小さまざまなネットワークの設計・構築をおこなっています。

NEEDLEWORKを導入する以前に抱えていた課題と選定のポイントをお聞かせください

仲西:昨今、セキュリティーに対する意識が高まっている中で、特にファイアウォール、UTMなどのセキュリティー製品の案件が増加しています。効率的にそれらを提供していくためには、提供前に実施するテストの効率化が必要不可欠であり、専用ツール導入の必要性を感じていました。ネットワークテストのツールとしては、トラフィックやパケットを流すトラフィックジェネレーター、ルーティングのジェネレート、ルートを注入してルーティングの試験をするものなど様々なツールがありますが、ファイアウォールのポリシーをテストするというツールは社内でも所有していませんでした。
もう一つ重要なポイントとして、わたしたちが様々な地域・場所でSIをしているという事業背景があります。様々な場所で仕事をしているので、測定器に対してもいろいろな場所で使用したいというニーズがありました。

竹内:人力でのポリシーテストでは、例えばウェブサーバのポートを変える、トレースルートを使う、Telnetのポートを変える、など作業工程も人さまざまで標準化できずエビデンスの品質が安定しないという問題がありました。

NEEDLEWORKを採用頂いた背景をお聞かせください

仲西:他の製品と比較しても簡単にわかりやすくテストできる点と、持ち運びしやすい点、この二つの観点を総合すると、NEEDLEWORKしか選択肢がないという結論に至りました。NEEDLEWORKは本当にコンパクトで持ち運びやすく、われわれの求めるものに合致した製品でした。

竹内:標準化という観点でもNEEDLEWORKを導入すれば、誰がテストを実施したとしても作業や結果を標準化できるという事も大きな理由でした。

NEEDLEWORKをお使いいただいた感想や効果はいかがでしたか?

内記:ファイアウォールなどのポリシーテストを実施するにあたっては、端末のPCやネットワーク機器、ウェブサーバなど様々な機材や準備が必要でした。NEEDLEWORKの場合は、そういった物理的な機材の調達や検証環境を準備する作業も必要なくなり、すぐにポリシーテストを実施できる点が助かっています。 またエビデンスについても、いくつもの端末からテスト結果データを集めるという作業も必要なくNEEDLEWORK一台で完結し、お客様に提出するエビデンス資料を簡単に作成できるのもとても便利です。

小林:ネットワークテストでも、今までは通信断が発生している箇所や時間を自分たちの目で確認していましたが、目視の確認では見落としてしまうところも出てきます。NEEDLEWORKでは、どこでどのくらいの時間の通信断が発生しているかが一目で分かり、テスト結果がまとまったファイルを取得できるので、エビデンスがより確かなものになりました。

竹内:ポリシーテストに関しては、NEEDLEWORKを導入する前から、全テストを実施しておりました。例えば、ポリシー数が200~300程度だとするとテストの作業は5日程度。それがNEEDLEWORKだとシナリオさえ作ってしまえば、半日程度で終わってしまうので、かなりの工数削減になっています。

仲西:以前、短期間に1万を超えるポリシー数のテストをしなければいけない事があったのですが、昼夜問わずシナリオを作り、夜間に自動テスト機能を実行。さらにそれを複数台のNEEDLEWORKで並行して実施することでどうにかやりきる事ができました。とても手作業では追いつかない状況でした。

竹内:その他の細かい機能についての感想ですが、パケットキャプチャー機能も便利です。キャプチャデータをダウンロードしてWiresharkなどですぐに確認ができるので、切り分けに時間がかかる事がなくなり、トラブルシューティングの面でもとても便利だと感じています。スループットテスト機能もQoSのテストで試してみたのですが、グラフが色づけされていて視覚的にも見やすく、すごく使いやすいなと思いました。

小林: わたしはポリシーテスト自体も初めての経験だったのですが、テスト結果がエラーになった場合もエラーの詳細が書かれていたので、シナリオを変更すべきなのか、その他の対応が必要なのか判断がしやすかったです。NEEDLEWORKと共にポリシーテストの作業を完了する事ができました。

仲西:NEEDLEWORKを導入した時も、特にレクチャーを受けずに使えていますし、エンジニア2年目の小林でもマニュアルを見るだけで使いこなせていますので、使いやすさは抜群だと思います。今では、わたしたちの組織でファイアウォールや、アプライアンスの設計・構築をしているメンバーは、ほぼ全員がNEEDLEWORKを使いこなしてテストを実施しています。他の事業所のエンジニアも使っているのでNEEDLEWORKの争奪戦になっていて、もう一台購入を検討しようかと思うくらいの稼働状況です。

NEC通信システム

NEC通信システム

NEC通信システムは、超高速、低遅延かつセキュアなネットワークのインフラ構築に貢献し、安全・安心なシステム、サービスを広く提供しています。

https://www.ncos.co.jp/

価格や評価ライセンスの
お問合せはこちらから

詳細は、こちらからお問合せください。