NEEDLEWORK ユーザー事例

アライドテレシス株式会社

アライドテレシス株式会社 様

NEEDLEWORKの魅力は
サポート力や開発力も含めた信頼性

アライドテレシス株式会社

NEEDLEWORK導入前の課題

  • ポリシー*数が多くなればなるほどポリシーテストの実施率が低かった

    ※ポリシー ・・・ ファイアウォールのセキュリティポリシー

  • 通信要件によってはテスト環境の構築自体が不可能なケースがあった

NEEDLEWORK導入の効果

  • 人員を割かずにポリシーテストの品質向上を実現した

  • ポリシー数や要件に限らずほぼ100%のポリシーテストの実施が可能となった

  • テストで見つかった不備を設計に反映させて再テストを行うというサイクルにより、設計の品質が上がった

NEEDLEWORKの魅力はサポート力や開発力も含めた信頼性

NEEDLEWORKの魅力はサポート力や開発力も含めた信頼性

アライドテレシス株式会社
ビジネスエンジニアリング本部 東日本プロジェクトエンジニアリング部 マネージャー
井本 勇気 様
ビジネスエンジニアリング本部 東日本プロジェクトエンジニアリング部
宮川 幸司 様

ネットワーク製品の開発・販売や、ネットワークのSIから運用までのワンストップサービスを提供するアライドテレシス株式会社。その中でネットワークのインテグレーションを担当されている井本様・宮川様(以下、敬称略)から、NEEDLEWORK導入前に抱えていた課題と導入後の効果についてお話しを伺いました。

NEEDLEWORKを導入する以前に抱えていた課題をお聞かせください

井本: 私たちは、医療系・自治体系・エンタープライズ系のお客様をメインとしたネットワークSIを担当しています。その中でも病院様の案件が多く、スイッチが100~200台、アクセスポイントが300台という大規模な案件も少なくありません。
このような大規模案件になればなるほどセキュリティも厳しくなり、ファイアウォールのポリシー数が1000行ではきかないこともあります。
以前はトラフィックジェネレーターを使ったり、telnetサーバでポート番号を変えたりしながらポリシーを1つずつテストしていました。納期にもよりますが、ファイアウォールテストにかけられる時間が1週間程度しかない時もあります。この期間で全てのポリシーをテストすることは難しく、ポリシーが1000を超えるような場合だと1~2割程度しか実施できないケースもありました。 テストをしなかった設定で問題が起きる場合もあるため、納品後も暫くは気が抜けませんでした。

宮川: 時間の問題もありますが、通信要件によってはテスト環境を作ること自体が難しい場合もあります。いずれにしても、「テストをやれていないところがある」という不安を抱えてお客様へ納品しなければならないのは、辛いところでした。

井本: ポリシーテストに関しては質を取れば量を増やせず、量をとれば質を上げられない、と言うように質と量がトレードオフになっていることに歯がゆさを感じていました。

テストツール導入のきっかけとNEEDLEWORK選定のポイントをお聞かせください

井本: 先ほどお話ししたように歯がゆさは感じていたのですが、特にツールを探しているわけではありませんでした。他社製品ですが、たまたま「ポリシーテスト自動化ツール」を紹介されて、はじめて「なるほど、ポリシーテストも自動化できるんだ」と思いました。
このタイミングでNEEDLEWORKを知り、デモ機をお借りして私自身が評価を行ったのですが、NEEDLEWORKに決めた一番のポイントは「信頼性」でした。
実は評価中に、テスト対象のファイアウォールの仕様にNEEDLEWORKが対応していないことがあり、正常にテストができないことがありました。しかし、エスカレーションをするとすぐに原因を突き止めて、ファイアウォールの仕様に対応したリリース前の次期バージョンを提供して頂きました。評価時点でのツールの完成度も然ることながら、 こういったサポート力や開発力に高い信頼性を感じ、NEEDLEWORKの導入を決めました。

実際にお使い頂いた効果はいかがですか?

井本: 設計はなかなか一発で決まるものではなく、やっていくなかで変わっていきます。かといって、設計が決まるまで待ってはいられないので、設計途中でもテストは進めていかなければなりません。テストが7割終わったところで「設計が大きく変わりました」という場合だってあります。再検証となればテスト環境の構築からはじめなければならず、かなりの時間を要していました。
NEEDLEWORKはテストファイルを入れ替えるだけで環境構築が完了し、数分でほぼ100%のポリシーテストを実施できます。 テストで見つかった不備を設計に反映させて再テストを行うというサイクルをまわせるので、全体的な質があがりました。

宮川: 今私が担当している案件では、テスト対象となる端末が300台ほどあります。今までのやり方だと、全ての端末(IPアドレス)を用意してテストすることは時間的に難しかったのですが、NEEDLEWORKはIPアドレスを自動で生成してくれるので、環境構築が不要でとても助かっています。
また、ポリシーの ほぼ全てを網羅したテストができているので、納品時に抱えていた不安が一掃されました。実運用中に不具合が発生した場合でも、きちんとポリシーテストをやっているという事実があると、お客様の温度感が違うように感じます。
機能面で言うと、テスト結果としてパケットの送り元・あて先のアドレスやポート番号・結果などが表形式で出力でき、お客様に見て頂くにもわかりやすくて助かっています。試験データのエビデンスとして、完成図書にも使っています。NEEDLEWORK自体の設定も簡単ですぐに使えるようになるのも良かったです。

井本:マニュアルもありますし設計思想がシンプルなので、最低限のネットワークの知識があればエントリーレベルのメンバーでも使えると思います。
ここ数年は常に人手不足で、テストに人員を割くことが難しい状況だったので、 人員を割かずに且つ品質を維持するどころか向上することができたというところでは、本当に良い買い物でした。

NEEDLEWORKが他社との差別化を実現
アライドテレシス株式会社

アライドテレシス株式会社

日本に本社を持つアライドテレシスグループは、IPテクノロジーおよびネットワークシステムの研究・開発と販売、サポートサービスを世界中のお客様にお届けしています。

https://www.allied-telesis.co.jp/

お見積り・資料請求は
こちらから

お見積り・ご相談は無料です。まずはお問合せください。

お見積り・お問合せ
無料評価機の貸出も行います