セイコーソリューションズ × エーピーコミュニケーションズ合同ウェビナー

SmartCS と Ansible の連携による
自動化の可能性を体験!

限定10名様 ハンズオンセミナー

今回のハンズオンセミナーの概要と目的

ネットワーク機器へのリモート作業は、IPリーチできる必要があるめ、初期設定時や障害時はリモート作業不可になってしまいます。この課題を解決するのが、セイコーソリューションズのコンソールサーバーSmartCSです。

このSmartCSがAnsibleに対応したことにより、前述のような課題を解決するだけではなく、例えば工場出荷状態からのOSアップデートや必要な設定を投入できるなど、自動化できる作業が拡大しました。今回は Cisco L3スイッチ機器を対象にして、SmartCSとAnsibleの連携による自動化の可能性を体験していただくためのハンズオンを開催します。

このような方におすすめのウェビナーです。

  • ネットワーク運用の自動化に興味がある
  • Ansibleの使い方に興味がある
  • コンソールサーバーSmartCSの使い方に興味がある
  • ZTP(ゼロタッチプロビジョニング)に興味がある

本ワークショップは、SmartCS と Ansible の連携による自動化の可能性を体験する事で、NW機器の初期設定が行えるようになることを目的としています。

詳細情報

日時 2021年7月29日 木曜日 13:00~17:00

※お申し込み受付は7/20まで 7/21に参加可否のご連絡を致します。

※好評につき申し込み期間を延長いたしました。

定員 10名

※ハンズオンのサポートを行う為、限定10名とさせていただきます。

※定員を超えた場合は次回以降のハンズオンセミナーをご案内いたします。

費用 無料(事前登録制)

申し込み後、実施日の一週間前までに受講のご案内が届かない場合は、
お手数ではございますが、ご一報ください。

会場 Zoomウェビナー
主催 セイコーソリューションズ株式会社
株式会社エーピーコミュニケーションズ
問い合わせ先 株式会社エーピーコミュニケーションズ ネットワーク事業部 ACT
Email:automation@ap-com.co.jp
Tel:03-5297-8011

内容・ハンズオン環境

内容
  1. 演習に向けて
  2. SmartCS基礎演習
    • コンソールサーバー SmartCSの使い方
  3. Ansible × SmartCS × IOS の連携演習基礎
    • CiscoスイッチをAnsibleで制御する方法
    • Ansible、SmartCS、Ciscoを連携させたネットワーク運用の自動化
  4. Ansible × SmartCS × IOS の連携演習応用(ユースケース)
ハンズオン環境

ハンズオンに参加するために、以下の条件を満たすハンズオン用PCをご用意ください。

  • TeraTerm等リモートログオンクライアントをインストール済
  • ChromeもしくはFirefoxの最新版をインストール済
  • Zoomが利用できる
  • 外部サイトにSSH接続できる(SSH接続が制限されていないこと)

※ハンズオン内でIPアドレス・アカウント情報等をお伝えします