株式会社エーピーコミュニケーションズ │ Career paths

INSIDE APC

メニューを開く 検索する

ABOUT THIS SITE

あなたにエーピーコミュニケーションズを知ってもらうためのSiteです

2020/07/30

一年後のなりたい姿をプレゼン@新卒研修

このエントリーをはてなブックマークに追加

APCの入社時研修の1つに、「キャリア開発研修」があります。
これはキャリア開発の基礎的な考え方を理解した上で、これからどのようなキャリアを歩んでいきたいかを考える時間です。

いきなり「1年後どんなエンジニアになりたい?」と問われても、初めて社会に出たばかりだし、IT業界自体のこともわからない……考えられないよ!
というのが本音だと思います。

とは言え、変化の早いこの時代を生き抜くためには、自分を知り自分が持っているスキルを高めながら、どんな状況においても通用する人材を目指す必要があると私たちは考えています。そこで、この入社時研修としてこの「キャリア開発研修」に取り込むこととしました。

主体的に自分のキャリアを構築できるようにすることを目指し、国家資格を持つキャリアアドバイザーの指導のもと、下記の3ステップで自己理解を深めていきます。

 ステップ1:「ありたい自分」とは
 ステップ2:「社会人にとって大切なこと」とは
 ステップ3:「なりたいエンジニア」とは

この「キャリア開発研修」は、先日ご紹介した技術研修「総合演習」と両輪になる研修です。
ですので、「総合演習発表会」同様この研修についても発表会を開催することにしています。

「1年後のなりたい姿」プレゼン発表会

今年の研修は、ほぼオンラインであったため新卒社員全員で何かに取り組むという機会を設けることができませんでした。
「何か同期全員で達成感を味わえるようなものを提供したい」という講師陣の想いから、この発表会を企画から運営まですべてを新卒社員に任せることに。
新卒社員が一丸となり、Slackを使って先輩社員たちに意見を聞いたりしながら、企画・リハーサルを行い、当日に臨みました。

「総合演習発表会」同様、オンラインで全社員が閲覧可能としたところ、当日は業務の隙を縫って60名以上の社員が閲覧しており、新卒社員たちへの関心の高さがうかがえました。

発表された「1年後のなりたい姿」
・自ら考えて最適な選択ができるエンジニア
・「自分らしさ」を活かせるエンジニアになる
・NWエンジニアの仕事が好きだと言えるようになりたい。
・「万能接着剤」のようなエンジニアになる
・なんとしてでもやりぬくエンジニア
・自分の意見を持ち、自分の仕事に誇りを持ち、何をしているのか自信をもって人に伝えられる

プレゼン資料も短時間で伝えられるように、創意工夫がされていて1人2分の発表内容が本当に濃厚なものになっていました。
ピクトグラムやセンスの良いスライドマスターなどがうまく活用されており、「あの素材いいな!使いたい!」などという先輩社員からの声も上がっていました。

新卒社員の感想

・何よりも、今回のプレゼン発表会までのプロセスが、我々新卒全員の成長につながったと思います。
・イベント一つ開催するにもここまで主体性と労力がいるものなのかとイベント設営の大変さを痛感しました。
・率直に楽しかったという感想です。特に、スラックで発言していて、いろんな先輩社員さんが発言してくださったのがすごくうれしかったです。
・自分も発表することで、決意表明というか一年どう過ごすかについて整理と覚悟ができた気がします。

1年後に今よりも一段と成長を遂げた皆さんにお会いできること今から楽しみです。

* * * * 

APCでは中途も新卒も積極的に採用中です。お気軽にご連絡ください!
採用サイト

▼エンジニアによる技術情報発信
tech blog APC
Qiita

このエントリーをはてなブックマークに追加

PICK UPピックアップ

NEWS新着記事

July Tech Festa 2020 に当社エンジニア2名が登壇しました

  • Event
記事を読む

一年後のなりたい姿をプレゼン@新卒研修

  • Career paths
記事を読む

CloudNative Days Tokyo 2020 に当社エンジニアが登壇します! <9/8>

  • Event
記事を読む

当社エンジニアが寄稿した「ソフトウェアデザイン2020年8月号」発売!

  • Technology
記事を読む

INFOMATIONAPC 情報

通信テストをスピーディに!ファイアウォールポリシーテスト自動化アプライアンス

記事を読む

APC採用情報:エンジニアの活躍する未来を一緒につくりませんか ?

記事を読む

トラフィックがひと目でわかる!世界初のOSSログ解析ツール

記事を読む