これからのSI業界を
わくわくできる世界に変える

CEO 内田 武志

メッセージ

今のSI業界のあり方について

日本のSI業界では、ITゼネコンの構造が確立されています。例えば、ひとつの注文に対して、パーツごとの下請け業者が複数存在しています。各社、担当分のパーツを作って納品したらおしまい。その結果、各社の力のベクトルが違う方向を向いてしまい、統一されることがありません。最終的にお客様が本当に求めているものが見えづらくなってきてしまいます。私はこの状態に、ずっと違和感を覚えていました。

そんなSI業界に一石を投じたい

ITゼネコンの構造は、海外から見れば異常な業態です。これは、日本企業の保守的な側面が大きく反映されている結果であり、日本のIT市場が発展しづらい要因にもなっています。市場やお客様のニーズが、日々変化していくこの時代では、この構造はいずれ崩壊してしまいます。SI業界に携わるSIerとして、業界を自分たちで変えていく必要があると私は考えています。

目指すは活気ある面白い業界

SI業界を変えるということは、SIerが変わっていくということ。それにはやはり、エンジニアの力が必要です。彼ら自身がわくわくしながら働くようになれば、いずれSI業界全体も活気に満ちた面白い業界になっていくと私は信じています。 APCがエンジニアにこだわる理由はそこにあります。

業界に変化を起こすには?

変化を起こすキーワードは「多様性」。
APCでは、価値観や能力が違う個性豊かなエンジニアを積極的に受け入れています。 エンジニアそれぞれの個性・多様化を尊重することで、社員ひとりひとりの強みをさらに伸ばし、連携することで組織としてのパフォーマンスを最大化し、化学反応のように新しい価値観が次々と生み出されていきます。 化学反応を起こし続けることで、業界にも変化をもたらしていく。そんな、多様性を認める組織づくりを行っています。

エンジニアのみなさんへ

これからのエンジニアは、自ら変化を生み出す力が必要です。お客様とビジネスを語ったり、人を巻き込んだり、新しい技術領域に挑戦していく。お客様の事業価値最大化のために、あらゆる業界・領域で活躍できるようなエンジニアが必要とされる時代になってきている今、私が一緒に働きたいと思うのも、まさにそんなエンジニア達です。

皆さんが、「APCで自分の腕をふるいたい!」と思えるようなら、環境への投資も惜しみません。 APCは世界中のエンジニアから、あこがれる存在かつ手本となり、世界レベルで信頼される日本発のSIerになることを目指しています。

そんな未来を共に目指してくれる方は、ぜひAPCで一緒に働きましょう。

内田武志(うちだ たけし)

1992年に早稲田大学を卒業後、富士銀行(現:みずほ銀行)へ入行。投資先企業のシステム部門でいくつものプロジェクトを手がける中で、システムインテグレーター(SI)業界の可能性を感じる。

2006年に銀行を退職。翌2007年、エーピーコミュニケーションズの株式を取得し、代表取締役に就任。 エンジニアが創るこれからのSIer「NeoSIer」として、SI業界をわくわくできる世界に変えていくための挑戦を続けている。