Azureでお客様と共に
DX実現と内製化を推進

私たちは、お客様自身の「クラウドネイティブ環境の内製化・自動化」を支援します。
技術のみの単純提供ではなく、お客様と共に業務改善・改革を実施、内製化に向けた技術やマインドセット等のトレーニングを通じて、クラウドネイティブ文化をともに作り上げていくことを特徴としています。

株式会社エーピーコミュニケーションズは
Microsoft Azureのクラウドサービスプロバイダーです

Microsoft Partner Gold DevOps
わたしたちは、Microsoft Partner Networkにおける、アプリケーションとインフラストラクチャ領域で「Azure DevOps Gold」のコンピテンシー認定を取得しています。
Cloud Native Dojo
Cloud Native Dojoパートナーとして、Azureの実装に関して広範な経験と実績を持ち、お客様が安全かつスケーラブルで信頼の高いクラウドソリューションを利用できるように支援します。

for Azure Kubernetes Service

  • クラウドネイティブ化
    支援

    • モダナイズ戦略策定支援
    • DevOpsカルチャー構築支援
    • CTO/CCoE/アーキテクト支援

    クラウドネイティブアーキテクトが、御社のCTO/CCoE/リードエンジニアになり代わり、アドバイス

    採用ではなかなか補充できないスキルセットを持つクラウドネイティブアーキテクトが、御社の課題に合わせて、システムのアセスメント・マイルストーン策定・システム全体設計・アジャイル体制構築・組織文化の構築などを並走支援します。

  • DXシステム設計
    構築/支援

    • クラウドネイティブマイグレーション
    • クラウドネイティブモダイナイゼーション
    • DX基盤統合(ガバナンス強化)
    • DevOps基盤(CI/CD等)構築支援
    • マイクロサービス基盤(AKS等)構築支援
    • 機械学習基盤構築支援

    ハイスキルなエンジニアが専属でコンテナやCI/CDなど
    DX基盤の導入を実現

    マイクロサービスアーキテクチャーやAKS/AzureDevOpsの利用など、モダンなシステムの全体アーキテクチャー設計・構築を納品型・支援型を組み合わせ実現します。Windows/Linux上にある既存のアプリケーション資産については、オンプレ・クラウド環境へのコンテナ化/マイクロサービス化を実現します。

  • SRE・DevOps推進

    • SRE立ち上げ支援
    • DevOps推進
    • クラウドネイティブ運用アウトソース

    よりスピードのあるリリースのため、コンテナやCI/CD基盤運用を内製化、自動化
    必要に応じたアウトソースも可能

    アジャイル開発チームがフルスタックに行う必要がある、クラウドネイティブ基盤での各種構築・運用・自動化活動をサポート。最終的に御社のアジャイル開発チームが自律的に運用できることを目指します。

  • 実践型クラウドネイティブ
    トレーニング

    • 組織スキルセットアセスメント
    • トレーニング計画策定支援
    • クラウドネイティブ技術トレーニング
    • DevOps組織論トレーニング

    個社向けにコンテナやCI/CDなどのトレーニングを実施

    コンテナ・AKS・CI/CDの実現に必要な技術スキルセットを体系的に学びます。技術スキルセットだけでなく、クラウドネイティブに必要な組織論・マインドセットを含めたトレーニングも提供します。個社の状況に合わせて、コンテンツ個別カスタマイズおよびハンズオンでの対応が特徴です。

  • コンテナスターターキット

    数コマンドで構成可能なシステムのひな型とコンサル・テクニカルサポート・トレーニングをセットにした、AKS(Azure Kubernetes Service)スピード導入サービス

    簡易アプリケーション一式と、そのアプリケーションが載るAKS・データベースなどシステム一式を、コマンドのみでデプロイ可能です。その日からすぐに動かして、実際の動作を体感することができ、コンサルやサポートで並走しながら中身の理解が進みます。サンプルをベースにPoCに進めたり、サービス自体に拡張頂くことも可能です。

これからの時代のキーワード「内製化」

ステップ毎の段階的な内製化

近い将来、外部ベンダーに頼らずお客様自身でクラウドネイティブなアプリケーションを開発/運用できるようにする「内製化」が主流になると言われています。

弊社は、お客様のAKS(Azure Kubernetes Service)等のクラウドネイティブ開発内製化について、導入期は外注型でご支援し、徐々にノウハウを移行しながら最終的にお客様主導で自走できる体制=並走型で内製化を支援いたします。

ステップ毎の段階的な内製化

Azureやクラウドネイティブ内製化のご相談や
無料セミナーのお申し込みはこちらから