NEEDLEWORK

Firewallのポリシーテスト自動化ツール

Japan IT Weekに出展

NEEDLEWORKニードルワーク
Firewallのセキュリティポリシー ルータ・L3スイッチのアクセスリストの通信テストを自動化する製品です

befor and after
Interop2018 BEST SHOW AWARD FINALIST
  • 手作業の500倍の処理
  • 人的ミスを限りなくゼロに
  • 複雑な構築環境の必要なし
  • 何千ポリシーでもテストできる
  • 若手エンジニアでも使える簡単操作

\ これ1台でエンジニア100人分 /


これまで大変だった
ポリシーテストがわずかな時間・工数で完了します

環境構築は、いたってシンプル
今までの複雑な環境は要りません

① NEEDLEWORK機器本体(ハードウェア) ② Firewall ③ 管理用コンソールをインストールしたPC この3つをUTPケーブルで接続するだけで準備完了。ポリシーごとに構成変更をする必要がありません。

冗長構成にも対応

※L2SWを使う事で対応します

タグVLANに対応

テスト用ポートがタグVLANに対応しているため、多くのセグメントが設定されたFirewallもテスト可能です。(1ポートに複数VLAN設定可能)

NEEDLEWORK接続構成図

ボタンひとつでテスト開始
自動化だから人的ミスも起きません

検証項目(テストシナリオ)をCSVファイルで取り込めば、後は、ボタン一つでポリシーテストが開始されます。 テストするポリシー数が大量にあっても漏れなく簡単にテストをすることが可能です。 また、管理コンソール上で検査項目の作成・修正が可能です。

テスト前のPC(管理コンソール) 何千ポリシーでも取り込みOK

失敗したテストはどれなのか?
"テスト結果"を見やすくしました

フィルタ機能を使って、大量のテスト項目の中から失敗したポリシーのみを抽出することができます。CSVでの出力も可能なので、作業エビデンスとしても活用できます。

>テストのデモ動画はこちら
テスト完了後のPC(管理コンソール)
結果のフィルタリング 結果のCSV出力

実際のポリシーテストの様子

実際のテストは、以下の動画の流れで行います。

動画を再生する

工数削減に役立つ、
便利な1台です。

自動化で時間も手間もなくなるから、圧倒的な工数削減を実現できます。

今まで10人日かかっていた工数も、 1人日以下の工数に削減できます

価格や評価機のお問合せはこちらから

詳細は、こちらからお問合せください。

製品イメージ

オモテ

NEEDLEWORK製品本体(オモテ)

ウラ

NEEDLEWORK製品本体(ウラ)

機能一覧

  • L4レベルの通信テスト機能(シナリオ一括実行、個別実行)

  • テスト結果(エビデンス)エクスポート機能

  • テスト結果フィルタリング機能

  • タグVLAN機能 ※全てのテスト用ポートで対応

  • 送信元/宛先NAT IPアドレス確認機能

テスト方式※本製品は、下記の方式でテストを行います。

ICMP ICMP Echo-Request / Replyによる疎通確認
TCP 3ウェイハンドシェイク+FINによる疎通確認
UDP UDPパケットの往復による疎通確認

ポリシーテスト弊社実績

Cisco Systems ASA
Juniper Networks SRX / SSG / ISG
Palo Alto Networks 次世代ファイアウォール
Fortinet FortiGate

※その他Firewallでご利用の場合は、評価機でご確認ください。

製品仕様

機器本体
ポート
4GbE RJ45(テスト用3ポート、管理用1ポート)
大きさ
165(W)×105.5(D)×43(H)mm
消費電力
24W 12V DC adapter
管理コンソール
推奨OS
windows 7 / 8 / 8.1 / 10
価格
※お問合せください ( お問合せはこちら )

無料評価機

評価機を、無料で貸し出ししております。

テストスピードや操作性など、評価機で一度ご確認ください。

評価機申込はこちら
在庫確認・ご質問もこちらから

販売代理店

日本テレマティーク株式会社 https://www.nti.co.jp/