English
NEEDLEWORK

Firewall
ネットワーク
のテスト自動化ツール

NEEDLEWORKニードルワークネットワーク機器のポリシーテスト ネットワークテスト自動化する製品です

*ポリシーテストとは、Firewallのセキュリティポリシー、 ルータ・L3スイッチのアクセスリストに対する通信テストです。

*ネットワークテストとは、ネットワーク全体の疎通・経路確認を行う通信テストです。

NEEDLEWORKを使えばネットワークやFWのテスト工程を1人で行うことが可能になります。
効率化に加えて、昨今の人が集まれない状況下において感染対策としても有用です。

製品説明やデモ等のお打ち合わせはZoom、Skype等の各種ツールでリモート対応可能です。

Update & News

befor and after
Interop2018 BEST SHOW AWARD FINALIST
  • 手作業の500倍の処理
  • 人的ミスを限りなくゼロに
  • 複雑な構築環境の必要なし
  • 何千ポリシーでもテストできる
  • 若手エンジニアでも使える簡単操作

\ これ1台でエンジニア100人分 /


これまで大変だった
ポリシーテスト・ネットワークテストがわずかな時間・工数で完了します

環境構築は、いたってシンプル
今までの複雑な環境は要りません

① NEEDLEWORK機器本体(ハードウェア) ② Firewallやルーターなどのネットワーク機器 ③ 操作用PC(ブラウザ) この3つをUTPケーブルで接続するだけで準備完了。ポリシーごとに構成変更をする必要がありません。

冗長構成にも対応

※L2SWを使う事で対応します

タグVLANに対応

テスト用ポートがタグVLANに対応しているため、多くのセグメントが設定されたネットワーク機器もテスト可能です。(1ポートに複数VLAN設定可能)

NEEDLEWORK接続構成図

ボタンひとつでテスト開始
自動化だから人的ミスも起きません

検証項目(テストシナリオ)をCSVファイルで取り込めば、後はボタン一つでテストが開始されます。 テストする項目が大量にあっても漏れなく簡単にテストをすることが可能です。 また、ブラウザ上で検査項目の作成・修正も可能です。

テスト前のPC(管理コンソール) 何千ポリシーでも取り込みOK

失敗したテストはどれなのか?
"テスト結果"を見やすくしました

ポリシーテストでは、フィルタ機能を使って大量のテスト項目の中から失敗したテスト結果のみを抽出することもできます。テスト結果はPCAPやCSVで出力可能でネットワーク機器のログとの突合が容易です。
ネットワークテストでは、Ping疎通結果とトレースルートの経路情報をTXTに出力可能です。

>テストのデモ動画はこちら
テスト完了後のPC(管理コンソール)
結果のフィルタリング 結果のCSV出力

実際のポリシーテストの様子

実際のテストは、以下の動画(約90秒)の流れで行います。

動画を再生する

工数削減に役立つ、
便利な1台です。

自動化で時間も手間もなくなるから、圧倒的な工数削減を実現できます。

今まで10人日かかっていた工数も、 1人日以下の工数に削減できます

価格や評価機のお問合せはこちらから

詳細は、こちらからお問合せください。

無料評価機

評価機を、無料で貸し出ししております。

テストスピードや操作性など、評価機で一度ご確認ください。

評価機申込はこちら
在庫確認・ご質問もこちらから

販売代理店

日本テレマティーク株式会社 https://www.nti.co.jp/
株式会社リンクアット・ジャパン https://www.la-j.com/
株式会社ネットワールド https://www.networld.co.jp/