NEWS

    ニュース

HOMENEWSサービス・製品レッドハットと協業し、自律支援型ネットワーク運用自動化サービスの提供を開始いたします

レッドハットと協業し、自律支援型ネットワーク運用自動化サービスの提供を開始いたします

当社はこのたびレッドハット株式会社様と、Ansible Acceleration Partner Program契約を締結いたしました。今回の契約を機に、「自律支援型ネットワーク 運用自動化サービス」を2019年8月中旬より開始いたします。

■ ソリューション概要
 レッドハット様が提供するRed Hat Ansible Automation[1]を用いて、ネットワーク機器のオペレーションの自動化を実現します。サービス適用後、お客様にて自律的に自動化を推進していただけるように、コンサルティング、導入からトレーニングを行います。

<自律支援型ネットワーク運用自動化サービス>
 本サービスは、導入サービスからトレーニングまでを一貫してご提案しています。 導入サービスのみ、またはトレーニングのみのご提供も可能です。

1.ネットワーク運用自動化導入サービス
 組織で自動化を推進するためにRed Hat Ansible Tower[2]の導入をサポートします。Red Hat Ansible Towerの導入は以下の3ステップで進めます。
  - Phase1. 業務プロセスのコンサルテーション
  - Phase2. Red Hat Ansible Engine[3]の導入
  - Phase3. Red Hat Ansible Towerの導入

2.ネットワーク運用自動化トレーニング
 本サービス適用後もネットワーク運用の自動化は継続的に実施することが必要となります。そこで、お客様が自律的にネットワーク運用自動化を進めていただけるよう、Red Hat Ansible Engine、Red Hat Ansible Tower、GitLabに関するトレーニングを実施いたします。トレーニング単体のご提供も可能です。

▼プレスリリース(dreamnewsサイトへリンク致します)
 https://www.atpress.ne.jp/news/188885

▼サービスサイト
 https://www.ap-com.co.jp/network-automation

注:
[1]Red Hat Ansible Automationは、IT環境およびプロセスのあらゆる側面を自動化できる何百ものモジュールを備えた実行エンジンであるRed Hat Ansible Engineと、他のサービスと統合できる管理インターフェースであるRed Hat Ansible Towerを搭載した自動化ソフトウェアです。
[2]Red Hat Ansible Towerは、大規模なIT自動化における利用、複雑なデプロイメントの管理、生産性の向上を支援します。 ビジュアルダッシュボード、ロールベースのアクセス制御、ジョブスケジューリング、統合通知、およびグラフィカル在庫管理を使用して、ITインフラストラクチャを一元管理します。
[3]Red Hat Ansible Engineは、シンプルで強力な、エージェントレスのオープンソースIT自動化エンジンです。
**Red HatおよびAnsibleは、国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。