SERVICEサービス

事業内容

オンサイトとインフラ請負・システム開発体制の連携により、現場が直面するリアルな課題に対しお客様と共に向き合い、ビジネスを加速します

業務の品質向上や効率化につながるツールの制作などを行う機能が本社にあり、お客様先に常駐するエンジニアと連携することで、更にお客様の事業価値向上に貢献いたします。当社にはお客様の本質的な課題を技術力で解決するためのバックアップ体制が整っております。

社内の組織はネットワーク/クラウドなどの技術カットで構成されており、お客様先で技術を提供するチームと請負・業務委託を対応するチームは同一の組織に属しています。

本社と現場の連携 ファクトリー構想

エーピーコミュニケーションズの本社には、お客様先に常駐しているチームと連携し、お客様先での効率化や品質向上につながるソリューションツールなどのご提案と開発を行う組織があります。このチームはお客様のエンジニアリソースが足りない際、一時的なリソースとして業務をサポートすることも可能です。私たちはこの本社機能を「ファクトリー」と呼んでいます。

Cloud Native Infrastructure

今やほとんどのITインフラはCloud利用が当たり前となり、様々な領域において自動化が求められています。
IaC (Infrastructure as Code)に関する技術を次世代技術と位置付け、国内協力企業はもとよりシリコンバレーなどの先進的な企業とも提携、先端技術をキャッチアップし国内に展開し、IaC関連技術の案件も数多く対応しています。

現在ではCertified Kubernetes Administrator (CKA)〜Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)の取得者やGoogle Cloud Certified - Professional Cloud Architectの取得者が在籍しています。
このような取り組みにより、国内市場の成長を促し次世代技術に触れる機会を作ることでエンジニアの成長もサポートしています。

Cloud Native Ready Stage

既存インフラにCloud Native技術を適用。Cloud Nativeに向けた段階的な移行を行います。
Cloud・・・Docker, Kubernetes, Rancher, AWS
Network・・・paloalto GlobalProtect, Cisco ACI, vmware NSX
共通・・・Ansible, Git, Jenkins

ストラテジックパートナー
ミランティス・ジャパン株式会社
Ansible Acceleration Partner
レッドハット株式会社

Docker Kubernetes 
Jenkins Ansible 
Git StackStorm 
Prometheus

私たちの取り組み:Cloud Native Ready

各種クラウドサービスは言うまでもなく、ネットワークもセキュリティも含めたあらゆるITインフラがCloud Native(クラウド利用が前提)で作られ、さまざま領域が急速に自動化されるようになりました。

しかし、私たちの支援している多くのテレコムキャリア・ラージエンタプライズでは厳しい品質管理、組織運営上の観点など、Cloud Nativeに移行するためにはたくさんの乗り越えるべき障壁が存在するため、速やかに完全移行するのは極めて難しい状況です。

そういった企業がCloud Nativeに近づけていくために、「まずは部分的にできるところから自動化していく」というのが現実解になっています。私たちはそれを、Cloud Native Ready Stage (Cloud Nativeへの移行フェーズ)と定義し、お客様の部分的なCloud Native化を支援するために、IaC(Infrastructure as Code)関連技術の導入を支援しています。

海外企業との連携強化と海外案件の推進

海外企業との提携を積極的に推進しています。価格競争力を高めながらエーピーコミュニケーションズが培ってきた高度なプロジェクト管理ノウハウを駆使し、言葉や習慣の違いに左右されない国内・海外スタッフ混在プロジェクトで高品質に推進します。この経験を将来のビジネスモデルとして、さらに世界へと羽ばたきます。

ネットワークグローバル展開PM
現地ベンダーコントロール

海外インフラプリセールス
自社技術によるグローバルSI