Microsoft Azure のクラウドサービスプロバイダーによる

マイグレーションサービス
for Microsoft Azure

*エーピーコミュニケーションズはMicrosoft Partner Networkにおいて5つのGoldのコンピテンシー認定を取得しています。

Active Directoryのクラウドへのマイグレーションが大変...

自社管理システムをクラウドに移行する方法がわからない

柔軟なリフト&シフトが対応可能

社内オンプレ環境をクラウドにMicrosoft Azureへマイグレーションできます

マイグレーションサービス
for Microsoft Azure の特徴

数十人〜数千人規模まで、豊富な案件実績

中小企業から大企業まで、幅広い企業規模でのマイグレーションの実績があります。

例)
小規模マイグレーション AzureAD+α ユーザー数は数十人
大規模マイグレーション ファイルサーバ、SherePointなどを含む7〜8サービス ユーザー数は数千人

高い技術力と幅広い対応製品

Microsoft Azureについては、社内に150名を超える資格保有者が在籍しており、高い技術力で品質の高い作業と、マイグレーション後の運用を見据えたご提案をさせて頂きます。

また、ActiveDirectoryからAzure ADへの移行、Active DirectoryとAzure ADの並行利用などお客様の環境に合わせて柔軟に対応しております。その他、以下のようなサービスもあわせて対応可能です。

AzureDNS, AzureAD, Exchange Online, Teams, AzureBackup, ログサービスなど

他のMicrosoft製品も
同時にクラウドへ
Microsoft製品はAzure ADのシングルサインオンを利用することで、業務効率が大幅に向上します。
Active Directoryのクラウドマイグレーションとあわせて、他のMicrosoft製品も同時に移行・新規導入されることをおすすめします。

構築後の運用もお任せいただけます

運用のチームと連携

弊社内に構築のチームとは別に運用の専属チームもありますので、シームレスに構築後の運用を引き継ぎお受けする事が可能です。構築から運用への引き継ぎの工数がかからないのでコストを安く抑えて運用を開始/継続する事ができます。

提案できる運用・攻めの運用

弊社の「運用」は定常的な運用業務では対応できない改善提案や自動化の技術領域もカバーし、サーバ、ネットワークだけでなく、プログラム〜アプリケーションなど領域にとらわれない運用を請け負うことができます。

※詳しくは別途運用請負の資料をご覧ください。

サンプル案件:一般企業向け向けクラウドマイグレーション

3,000名規模の一般企業で利用していたオンプレミス環境を、クラウドへ移行する際の構成例です。
工程面では要件定義~試験まで、技術面においては各種パブリッククラウド、コンテナ、CI/CDなどのご支援ができます。人員面では、3〜20名ほどのエンジニアがPM、リーダ、メンバーの役割として包括的に対応する事ができます。

以下は、サンプルでのマイグレーション実施のながれになります。
最初に、対象のシステム、ヒアリングを行い、ヒアリング後、見積もりを作成します。ヒアリングさせて頂いた内容をもとに、お客様の将来的なビジネスにあわせたスケーラブルなシステム構成のご提案をさせていただきます。

最小規模マイグレーション費用例

内容 ActiveDirectoryからAzureADへの移行のみ
対象ユーザー数 20名
作業期間 3週間
弊社担当エンジニア数 作業人員2名
進行管理1名
費用 ¥800,000~

※利用サービスとユーザー数により変動いたします。詳しくはお問い合わせください。

*Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

マイグレーションサービス for Microsoft Azureに関するお問い合わせはこちら