SERVICEシステム基盤 請負・開発

システム基盤 請負・開発

常駐技術支援において、私たちは全体のプロセスを改善し、ボトルネックを潰すために上流から下流までSRE(Site Reliability Engineering)の概念を取り入れた広範囲にわたる支援形態を目標としています。

お客様が接するシステムを一番熟知しているエンジニアだからこその視点で提案から運用まで全ての工程を、エンジニアだけで遂行しています。
営業やコンサルタントよりも技術的に一歩踏み込みこんで本質的なニーズを把握し、お客様の本当の課題を解決できる提案を行っております。

  • ・セキュアネットワーク構築
  • ・NW機器リプレイス
  • ・運用自動化プログラム開発・運用
  • ・仮想基盤の構築
  • ・クラウドマイグレーション
  • ・マイグレーション最適化ツール

最適化するインフラストラクチャ

データセンター事業者様や大手通信業者様へ、ITインフラにおけるシステム基盤運用業務のプロセス管理やコンサルテーションを提供しています。
ネットワークからサーバ、設計・構築から運用・監視・保守のコンサルティング・業務フローの再定義・自動化導入のサポート・システム開発・機能追加・製品サポート・常駐運用サポートまで一貫して対応する事により、お客様とベクトルを合わせ課題を解決していきます。

情報取得や管理業務の自動化・システム化

データセンターなど多くの機器を導入している場所では、今までのように人力での調査や煩雑なExcelファイルでの管理から脱却し、登録IP情報の自動収集や操作、デバイスの詳細データ、サブネット、ソフトウェアのライセンス・契約情報を管理、データセンター内のラックや資産情報を可視化するようなツールが導入されるようになってきました。このような情報取得のオートメーション化・管理業務のシステム化により、資産の状況分析や可視化が可能になり、真の課題を発見、要因分析する事ができます。

また、これらのツールにより作業ミスを0に近づけ作業工数を圧縮する事で、今までそういった作業を担当していた運用オペレーターやエンジニアは新たな課題解決・改善に工数をあてることができます。

  • Device42 販売パートナー

DevOps思考のシステム運用を提供

グローバルオペレーションセンター
お客様の提供サービス/業務を意識し、改修/改善によるコスト削減・業務の自動化を提案できる監視・運用体制です。
ネットワーク・サーバからアプリケーション、提案まで技術領域・アプリレイヤにとらわれない横断的な対応と、自動化技術の調査・検証・導入支援を行っています。

クラウド
AWS Azure
OS
CentOS Red Hat Windows
DB
MariaDB MySQL PostgreSQL
その他
Python ZABBIX Redmine
自動化 : Jenkins, Selenium
構成管理 : Git, Ansible CMDBuild

日本初のPalo Alto Networks公認サービスプロバイダー

CERTIFIED PROFESSIONAL SERVICES PARTNER

私達はこれまで多くのお客様に パロアルトネットワークス社の次世代ファイアウォールの導入・運用サービスを提供しており、ファイアウォールに対する技術力や知識力がパロアルトネットワークス社に評価され、「CPSP(Certified Professional Service Provider)」に認定されています。

※CPSPプログラムは、米国パロアルトネットワークス社が提供する次世代ファイヤウォール及びPanoramaに関する豊富な知識や導入実績を持つこと、及びユーザー様に対する継続的な技術的支援を提供できる体制があることを、米国パロアルトネットワークス社が認定するパートナー資格です。

  • セキュリティコンサルティング ログ解析ツール : PALallax
  • パロアルトネットワークス社監修書籍 : Palo Alto Networks 構築実践ガイド

インフラ自体を開発してきたエンジニアの開発チーム

システム基盤開発

既存顧客からの開発系の案件や事業者向けのシステム基盤系を中心に対応する専門の開発チームも存在します。このチームは主にBtoBビジネスを展開するキャリアやISP、クラウド事業者のサービス・機能開発全般を扱っており、システム基盤からバックエンド〜フロントエンドまで一貫して対応する事ができます。

Infrastructure as Code (IaC)技術の発展から、コードを書くインフラエンジニアが増え、今では開発とインフラの壁を意識する事はなくなりました。私達はITインフラに強みを持つ会社ですが、多くの部門にコードを書くエンジニアがいますし、今まで開発をやってきたエンジニアも同じように活躍しています。

  • ・クラウドネイティブやサーバレスアーキテクチャを用いた開発
  • ・クラウドサービスの開発
  • ・既存システムの機能開発
  • ・Web/モバイルアプリケーションなどのサービス開発