PRESSプレスリリース

2022.06.27

「マイグレーションサービス for Microsoft Azure」の提供を開始

「マイグレーションサービス for Microsoft Azure」の提供を6月27日より開始いたしました。

ーマイグレーションサービス for Microsoft Azure
https://www.ap-com.co.jp/service/azure_migration/

サービス開始の背景

 近年、働き方改革、DX(デジタルトランスフォーメーション)など、組織規模での構造変革が急務となると共に、デジタルビジネスの競争も激化しており、ITインフラに求められるスピードと規模は増大傾向にあります。このような背景から、社内のITシステムを運用するチームは、迅速な対応が求められるだけでなく、複雑化したIT環境を管理し、新たなテクノロジーを導入しながら、事業組織を横断した綿密な連携を期待されています。そういった組織における課題を解消し、ITシステム運用の抜本的な効率化を推進できる「クラウド化」が急務となっています。

一方で、クラウド化を成功させるには、オンプレミスからクラウドまでの幅広いITインフラに加え、アプリケーションやセキュリティなど幅広い知識と経験が必要不可欠であり、これが企業様のクラウド化を遅らせる1つの障壁になっています。

この障壁をお客様に超えていただくため、中小企業から大企業まで幅広い企業規模でのマイグレーション実績と、Microsoft Partner Networkにおいて5つのGoldのコンピテンシー認定を取得している高い技術力を持つ当社が、マイグレーション後の運用まで見据えたご提案をさせて頂きます。

サンプル案件:一般企業向け向けクラウドマイグレーション

3,000名規模の一般企業で利用していたオンプレミス環境を、クラウドへ移行する際の構成例です。工程面では要件定義~試験まで、技術面においては各種パブリッククラウド、コンテナ、CI/CDなどのご支援ができます。人員面では、3〜20名ほどのエンジニアがPM、リーダ、メンバーの役割として包括的に対応する事ができます。

マイグレーション実施のながれ

最初に、対象のシステム、ヒアリングを行い、ヒアリング後、見積もりを作成します。ヒアリングさせて頂いた内容をもとに、お客様の将来的なビジネスにあわせたスケーラブルなシステム構成のご提案をさせていただきます。

最小規模マイグレーション費用例

※利用サービスとユーザー数により変動いたします。詳しくはお問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社エーピーコミュニケーションズ 広報担当
お問い合わせフォーム

 

【商標名称等に関する表示】
*Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他の記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。