PRESS プレスリリース

2021.08.10

「クラウドネイティブ内製化支援サービス with Azure Kubernetes Service」のトレーニングサービスメニューを拡充

株式会社エーピーコミュニケーションズは、2021年8月10日より、「クラウドネイティブ内製化支援サービス with Azure Kubernetes Service」内のトレーニングをアップデートし、「実践型クラウドネイティブトレーニング」としました。「実践型クラウドネイティブトレーニング」では新たに実践的な技術を扱うトレーニングメニューを追加しサービスを拡充いたしました。
  ―実践型クラウドネイティブトレーニング サービスサイト
    https://www.ap-com.co.jp/cloudnative/training/

◆新サービスメニュー

Azure管理者向けBasicトレーニング

Azure管理者として、組織でAzure環境の実装、管理、監視を行うにあたって必要となる基本的な概念を学習します。

App Serviceで学ぶクラウドネイティブ開発入門

Azureの代表的なPaaS「App Service」でWebアプリケーションをホストする方法を学習します。App Serviceにはクラウドネイティブな機能が多数実装されているため、初学者の方でも取り組みやすい入門編コースとなっています。

Azure DevOps(GitHub)で学ぶCI・CD基本入門

Azure DevOpsにはDevOps開発における計画、開発、配信、運用の全てのフェーズで必要なサービスが揃っています。Azure DevOpsを利用してクラウドネイティブな開発スタイルを学習すると共に、継続的インテグレーション(CI)、継続的デリバリー(CD)の仕組みをハンズオン形式で学習します。本コースはAzure DevOpsの題材をGitHubとGitHub Actionsに変更することも可能です。
(2021/秋リリース予定)

Terraformで学ぶAzure IaC入門

Terraformはインフラプロビジョニングを管理できる代表的IaCツールです。Terraformを利用し、Azureのインフラ環境のコード管理し、デプロイを自動化する手法をハンズオン形式で学習します。
(2021/秋リリース予定)

AKS Design Training

Kubernetesの基本知識がある方を対象に、AKS構築・運用実績のあるエンジニアが知見に基づくベストプラクティスやAKSならではの特徴を解説していきます。
(2021/冬リリース予定)

◆既存メニュー

Azureで学ぶDocker Kubernetesトレーニング

コンテナの基礎となるDocker、複数コンテナのコントロールを可能とするDocker Compose、コンテナオーケストレーションを提供するKubernetesを座学で、マニフェストファイルを管理するHelmをハンズオンで体系的に学び、クラウドネイティブの基礎技術を習得します。

◆「クラウドネイティブ内製化支援サービス with Azure Kubernetes Service」
近い将来、外部ベンダーに頼らずお客様自身でクラウドネイティブなアプリケーションを開発/運用できるようにする「内製化」が主流になると言われています。
当社は、お客様のAKS(Azure Kubernetes Service)などのクラウドネイティブ開発内製化について、導入期は外注型でご支援し、徐々にノウハウを移行しながら最終的にお客様主導で自走できる体制=並走型で内製化を支援いたします。
  ―クラウドネイティブ内製化支援サービス with Azure Kubernetes Service
    サービスサイト https://www.ap-com.co.jp/cloudnative/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社エーピーコミュニケーションズ 広報担当お問い合わせフォーム